ガソリンスタンドで利用できるレンタカー関連情報

HOMEレンタカー返却時のガソリンはどうする?

最終更新日:2017/11/20

レンタカー返却時のガソリンはどうする?

車

レンタカー利用時における最低限の共通ルールであるのが、「返却時はガソリンを満タンにしておく」です。レンタカー会社は、予め契約者へ提供する車のガソリンを満タンにしています。当たり前の話ですが、ガソリンという資源は無料のエネルギーではありません。それだけに、レンタカー会社の運営において最もシビアな経営コスト面というのが、「ガソリン代」である事は言うまでも無い事実だと言えるでしょう。
レンタカーをガソリン満タンにして返却する行為は、マナーである以前に列記とした商取引の問題ですので、どんなレンタカー会社でも必ずガソリン満タンで返却するルールは守っておいて下さい。大抵のレンタカー会社ではガソリン満タンで返却する事を、ホームページにて利用規約として明記しているはずです。もしも満タンで返却できなかった場合などは、それに合わせた違約金などが請求される事がほとんどですので、必ずレンタカー利用前には規約に目を通しておくようにして下さい。
こういったガソリンに関する返却ルールですが、人によっては「最初からレンタル料金に含めてくれれば面倒くさく無いのに」と思うかもしれません。しかし、レンタカー利用というのは人によって走行距離に大きく幅があります。同じ6時間のレンタカー利用であっても、ほんのちょっとだけの走行距離で済む人もいれば、高速道路を長距離走らせるというケースもあります。そうなった場合、同じ額のガソリン代を請求するのは不平等ですから、利用者ごとのガソリン消費に合わせた請求システムが普通となってるのでしょう。どちらにしろ、レンタカー利用の際はガソリンについて意識しておくのが基本となります。
そして必ず守っておかなくてはならないのは、レンタカーに補給する「油種」です。どんな自動車でも指定された油種というのがあり、これはレンタカーであっても同じです。借りた自動車が「レギュラー」なのか「ハイオク」なのか、ガソリンスタンドで補給する際はきちんと確認しておきましょう。もしも指定以外の油種入れてしまった場合、そのレンタカーは正常な動作が行えなくなるばかりか、最悪故障の原因となり賠償問題へと発展するケースもあるので気を付けておきましょう。
レンタカー利用において必ず考えておかなければならないのがガソリンの問題です。返却時はきちんと指定されたガソリンを満タン補給しておく事を知っておきましょう。安全なレンタカー利用において、ガソリン補給を始めとするルール厳守は必須事項です。

一覧はこちら

ガソリンスタンドで利用できるレンタカーランキング

TOP